ISO認証取得

■ ISO14001

ISO14001認証取得(2002年1月15日)

基本理念
株式会社イイジマ東北事業所は、今日我々を取り巻く地球的規模の環境問題の重要性を認識し、積極的に環境負荷の低減に努め、環境の改善に取り組むと共に、地域社会との共生を図り、事業活動を通じて循環型社会の構築に貢献いたします。

基本方針

認証取得により一定期間が経過し、初期の試行錯誤を経て、今日多くの目的・目標に成果を得ることが出来ました。しかし、環境問題は、予期せぬ事態への予防を含めた継続的改善が重要です。今回、従来の環境方針を一部改定し、環境の質の向上と改善を当環境方針の基本方針とします。

(1)システムの継続的改善
ISO14001の基本精神並びに環境マネジメントシステム(EMS)を事業活動の根幹とし、定期的に環境影響評価を実施し、システムの継続的改善に努めます。

(2)環境汚染の予防
事業活動に伴う環境への影響については常に留意し、環境汚染の防止と環境の質の向上と改善に努めます。

(3)関係法規制等の遵守
事業活動に関係する環境関連法規制、又その他等営業所の同意する要求事項を遵守します。

(4)組織の目標
目的・目標は、内容及びその達成度に応じ、運用管理又は所内業務遵守規定とし、より確実な継続と改善に努めます。
①騒音の低減:騒音を低減し、労働環境を含め、地域のより豊かな住環境の提供に資する事に努めます。
②大気の改善:粉塵の一層の軽減を図り、労働環境を含め改善を目指します。
③水質の向上:より良い水質への改善を図り、自然および地域農業への貢献を図ります。
④資源枯渇化の対策:組織として具体的な課題を設け、改善に努めます。
⑤地域との共生:従業員各人は最低1日/年のボランティア活動を行う組織とします。

(5)教育・訓練の実施
環境の質の向上及び改善又運用管理等により確実な継続的改善を期するため必要と判断される教育・訓練を実施します。

(6)環境方針の周知、取扱い
当環境方針は、営業所全員に周知徹底し、又一般の方々にもホームページを含め公開し、本主旨への理解と協力を求めます。

(7)適応範囲
(A)地理的範囲
株式会社イイジマ東北事業所のEMS地理的範囲で定められている範囲

(B)機能的範囲
株式会社イイジマ東北事業所全体とする。
(C)組織の活動、製品及びサービスの範囲
株式会社イイジマ東北事業所での金属リサイクル活動(鋳造原料、製鋼原料、非鉄金属)及び鋳造副資材の販売の環境マネジメントシステム。環境システム活動は受注から加工処理、選別、検査、出荷、保管、転送までの活動を含み、株式会社イイジマ東北事業所の全ての業務・部門を対象範囲とする。


 

■ ISO9001

ISO9001認証取得(2004年9月24日)

基本理念
ISO14001が組織として、社会及び自然に対する当然の履行すべき責務であるとすれば、ISO9001は事業を営む者にとっては、提供する製品の品質の維持・保証そして顧客満足度の向上こそが、組織の存続と発展を可能にする根幹と考えます。同じくリサイクル事業を通じ顧客との共存共栄を計り、社会に貢献することを基本理念とします。

品質方針

鋳造原料、製鋼原料を主として扱うリサイクル業に携わる私たちは、顧客の要求事項に適合する製品の提供に努め、業務の遂行に際し、以下の項目を全員で取り組み、特に(3)品質の目標を重点課題とし、常に顧客満足度の向上に努めることを約束します。

(1)品質マネジメントシステム(QMS)

 私達は品質マネジメントシステム(QMS)を効果的に運用し、品質の維持、保証及び顧客
 ニーズの変化に対応し、システムの改善を継続的に実行し、顧客満足度の向上に努めます。

(2)顧客尊重主義
私達は組織として、顧客尊重に徹し、関係する全ての法令、規制、要求事項の遵守は当然
として、常に顧客と共に健全な事業活動に努めます。

(3)品質の目標
私達は返品及びクレーム・ゼロを目指し、そのための品質目標を設定し、顧客満足の向上
に努めます。又、顧客の要求事項の変化に併せて必要に応じ見直しを行い、その目標の
達成に努めます。同じく、一人ひとりが品質の目標の達成のため、その役割と与えられた
使命を適格に果たすことを約束します。

(4)資源の確保
私は品質マネジメントシステムの有効性の維持、及び継続的改善のために必要に応じ、
必要な資源を確保します。

(5)教育訓練
私は品質マネジメントシステムの継続的改善及び顧客満足度向上に必要な教育・訓練の
機会を全従業員に提供し理解と質の向上に努めます。